7月も最終日。ここ数日、いくぶん過ごしやすいかと思ったら今日は一転猛暑の一日でした。


汗をかきながら午前中はさつきが丘、午後は花園地域で訪問活動を行ない、しんぶん赤旗の購読などを訴えました。


花園地域では昨年夫を亡くしたという女性と対話に。「しばらく引きずっていたけどそうも言っていられない。いまの安倍政権の政治はあまりにもひどすぎるし、自分でも何かの役に立てるなら今後の生きがいにしたい」と日本共産党の仲間に加わってくださいました。こちらも訴えながら身震いする思いでした。


今月は都議会議員選挙での自民党の歴史的大敗から始まり、核兵器禁止条約の採択、稲田防衛大臣の辞任とまさに激動でしたが、この7月を境に明らかに政治の流れが変わってきています。いつもそうですが、本当にいまはがんばりどき。暑さは厳しくなりますが引き続きがんばります。


そういえば7月は自分の誕生日もありました。