いよいよ明日、千葉市長選挙が告示されます。午後は大野たかし市長予定候補、中村きみえ市議とともに千葉健生病院健康友の会定期総会に出席。「我が事・丸ごと地域共生社会」の名で自助・共助を押し付け、さらなる社会保障改悪を進めようという安倍政権の暴走をストップさせよう、そのためにも千葉市長選挙の勝利をと訴えました。


IMG_9285
千葉健生病院健康友の会総会で挨拶する寺尾さとし

IMG_9290
挨拶する中村きみえ市議

IMG_9298
決意表明する大野たかし市長予定候補


大野さんは自ら事業を営んでいた時に千葉市の国保料の高さや滞納処分のひどさを実感したことを告発。「国保料が払えなくなれば容赦なく差し押さえ。いかに冷たい市政なのかが象徴的に表れている。カジノ誘致や開発などで外から人を呼び込むというが、いま千葉市に住んでいる人を大切にすることこそ必要ではないか」と怒りを込めて市政転換にかける思いを語りました。


IMG_9304
日本共産党検見川地域後援会・松風会のつどいで訴える大野たかし市長予定候補


挨拶後すぐに移動し、今度は日本共産党検見川地域後援会・松風会の「市長選を考えるつどい」に3人で参加しました。雨のなか集まってくださったみなさんにここでも熱く訴える大野さん。参加者からは「初めて聞いたが大野さんの話に本当に納得した」「ここで聞いた話をもっと多くの人たちに広げていくことが大事では」などの感想が出され、充実したつどいになりました。


つどい終了後、中村きみえ市議とともに参加者の男性に訴え、「大野さんの話に心動かされた。体調の心配はあるが運転などできることはやりたい」と日本共産党の仲間に加わっていただきました。訴えたこちらもびっくりでしたが本当に励まされました。


告示日の明日は午前10時から千葉駅前で斉藤和子衆院議員の応援を受けて大野さんの第一声です。ぜひ大野さんの熱い訴えを聞いてください!