憲法施行70年目の憲法記念日。毎年行っている憲法記念日宣伝ですが、今年は中村きみえ市議とともに大野たかし市長予定候補と訴えました。検見川、幕張、大野さんの地元幕張本郷の3ヶ所で宣伝し、FBを見てわざわざ演説を聞きに来てくれた人もいるなどあたたかい声援を受けました。


IMG_9141
幕張イトーヨーカドー前で中村きみえ市議、大野たかし市長予定候補と


そして午後はこちらも毎年恒例の5・3憲法記念日のつどい。会場の千葉市文化センターは600人の参加で満員でした。文化行事として千葉県うたごえ協議会のみなさんによる「アメイジンググレイス」や「私(憲法)をほめてください」の合唱と会場もいっしょになって歌った「青い空は」「沖縄を返せ」「憲法9条五月晴れ」「翼をください」。どれも心に染みました。


IMG_9150
千葉県うたごえ協議会合同合唱団のみなさん


記念講演は東海大学教授の永山茂樹さん。「安倍政権をはばむ力を地域から-平和・立憲・民主主義の回復と憲法をいかす道」と題して、改憲を巡る情勢や安倍政権の見方、共謀罪法案の本質などを縦横に語りました。


IMG_9158
記念講演を行う永山茂樹・東海大教授


永山さんは「朝日新聞の調査では『いまの憲法が日本にとってよかった』が89%、しかし『変える必要がある』も41%。9条については『変えない方がいい』が63%。これまではよかったけどこれからは変えることも必要という人にどう憲法に基づく展望を語っていくかが問われている」と問題提起し、一度の選挙、短期間の取り組みに留まらない憲法をいかすための息の長い運動が必要だと訴えました。


議会制民主主義を踏みにじる動きなど安倍政権はあらゆる意味で憲法破壊の政権だということもあらためて痛感しました。その状況に国民がたちあがり、世論と運動で政権を追い詰めていく以外には道はありません。多くの示唆を与えてもらった記念講演でした。