今日は毎年行われている3.13重税反対全国統一行動、千葉西地区集会にもりた真弓市議とともに参加しました。


IMG_7980 - コピー
重税反対集会で


アベノミクスの破綻が明らかになり、大企業の内部留保が386兆円に達する一方で実質賃金は減り続け、貯蓄ゼロ世帯は3割を超えています。貧困と格差が広がるなか、消費税の10%増税など絶対に許されません。


さらに消費税増税に伴い軽減税率が導入された場合、事業者は複数税率に対応した適正な課税を受けるため、商品ごとに税率と税額などを記したインボイス(適格請求書類)を発行しなければなりません。軽減税率が導入されれば、インボイスを発行できない全国513万以上の免税事業者が取引から排除される可能性が大きくなります。軽減税率とインボイス導入はまさに小規模事業者潰しの政策です。


軽減税率などではなく消費税増税はきっぱり中止するべきです。私も連帯挨拶のなかで、「政府の法人税減税によって県の法人二税も10年間で500億円もの減収になっている。法人事業税の超過課税で負担能力のある大企業に応分の負担を求めるべき。そのためにも県知事選挙で大企業に甘い県政の転換を」と訴えました。


IMG_7986
IMG_7989
「高砂会」で


その後は検見川2丁目の老人会「高砂会」に中村きみえ市議とともにお邪魔させていただき医療・福祉など県政についてお話ししました。中村市議もゴミ問題や公民館の老朽化など市政に関わる身近な問題について話していました。なかなかこの間は参加できずにいたので貴重な機会をいただきました。ありがとうございました。