今日は29日に行なわれる県議会代表質問の最終確認の団会議。各運動団体のみなさんも傍聴に来てくださるようです。期待に応える質問にしたいですね。


同時に今日から臨時国会も始まりました。安倍首相の所信表明演説は無意味に「未来」という言葉を繰り返し、逆にまったく明るい未来を示せない行き詰まりぶりが浮き彫りになるものでした。憲法、社会保障、TPP、そして沖縄と、選挙中は一言も語らなかった「だまし討ち」暴走政治を続けさせるわけにはいきません。


SCN_0007


花見川区革新懇では、その沖縄の問題で10月15日に貴重な企画を行ないます。総会とあわせて行われる記念講演で、「沖縄・辺野古からのメッセージ」と題して辺野古新基地建設に反対する運動の先頭に立つ抗議船・平和丸船長の相馬由里さんがお話しします。


今年2月に花見川区革新懇としても沖縄支援ツアーを行ないましたが、今回の講演ではかつて千葉県でも介護福祉士として働いていた相馬さんが、高江や辺野古の映像を交えてメディアでは報道されない沖縄の現在を語ってくれます。これはぜひ多くの方に聞いてほしい。


来年1月からオスプレイの定期整備が狙われる千葉県と沖縄の現状は地続きです。連帯して安倍政権の暴走に立ち向かうためにぜひみなさんの参加をお待ちしています!


〇花見川区革新懇第5回総会記念講演「沖縄・辺野古からのメッセージ」
日時:10月15日(土)午後2時~4時30分
会場:こてはし温水プール2階ホール(花見川いきいきプラザ・北清掃工場)
参加費:500円