今日は71年目の終戦記念日。アジアで2000万人以上、日本国内で310万人を数えたアジア・太平洋戦争の犠牲者を追悼し、日本軍国主義による侵略戦争の惨禍を二度と繰り返さない誓いを新たにする日です。


IMG_5887


まず千葉駅・そごう前で日本共産党としての宣伝。椎葉かずゆき県副委員長とともに訴えました。


IMG_5902
IMG_5909


夕方は治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟(国賠同盟)千葉市支部として稲毛駅と新検見川駅で宣伝しました。事務局長の小松実前県議、事務局次長の吉田まさよし市議とともにここでもマイクで訴えましたが、人通りの多い稲毛駅では何人もの方から声をかけられました。年輩の女性は「終戦の時は小学校1年生だったのよ。熊本の天草にいたけど長崎の原爆もよく覚えてる。戦争は繰り返しちゃいけないわ」と話してくれました。若い女性は「これはどこの団体ですか?私も安倍首相が危険なのはよくわかります」とチラシを受け取りました。


安倍首相は政府主催の戦没者追悼式典で「不戦の誓い」を表明しましたが、現実には憲法9条を葬り去ろうとしています。憲法違反の安保法制・戦争法によって今年の秋にも自衛隊が南スーダンで「交戦」するかもしれません。憲法9条を守り、政府に二度と戦争をさせないために必要なのは主権者・国民の力です。多くの方々が持っている平和の思いを束ね、形にしていかなければなりません。