神奈川県の県立障害者施設「津久井やまゆり園」に刃物を持った元職員の男が侵入し、19人が死亡した事件に言いようのない衝撃を受けています。あまりにも残虐な事件に怒りを抑えられません。逮捕された男は「(施設を)辞めさせられて恨みがあった」と供述しているとも報道されていますが、どんな理由があっても絶対に許されることではありません。同時になぜここまで犠牲者が増えてしまったのか、施設の管理体制にも疑問が湧きます。


千葉県では2013年、県立障害者施設「袖ヶ浦福祉センター」で利用者への虐待死亡事件が起こりました。背景には、職員の技量不足をもたらした県による正規職員の大量リストラがあったと言われています。政治や社会のゆがみによって弱い立場にある障害者が犠牲になる構図です。何の罪もないにもかかわらず命を奪われた犠牲者の方々に報いるためにも、二度とこうした事件を繰り返してはなりません。心よりご冥福をお祈りいたします。


20160725_095637


一方で都知事選挙は最終盤。定例の駅頭宣伝では鳥越俊太郎都知事候補のチラシを配っています(都内では配れないものです)。今朝の新検見川駅での宣伝では、なんと「フェイスブックを見て来ました」という方がわざわざ参加してくださいました。もともとは自民党を支持していたとのこと。それでも「安倍政権だけは許せない。がんばりましょう」と意気投合しました。


20160725_095657
20160725_095715


「核武装の検討」を公言し、ヘイトスピーチ団体の講演会に招かれるようなタカ派候補や、原発推進の立場で選挙直前まで東京電力の取締役を務め、岩手県では無駄な巨大開発で1.4兆円も借金を増やしてきた候補に負けるわけにはいきません。そもそもどちらも自民党の候補者です。「政治とカネ」の問題に無反省なままでは今回の選挙に出てくる資格すら問われます。現場の声に耳を傾け、憲法を都政に生かす立場を貫く鳥越候補を何としても。千葉からも最後までがんばります。