千葉県弁護士会館で行われた「憲法を考える千葉県若手弁護士の会」主催の講演会に参加してきました。講演したのは新進気鋭の若手研究者としてテレビ・マスコミでもおなじみの木村草太・首都大学東京教授。


IMG_3513


テレビで見せるスマートな印象に加えてユーモアのセンスもあり、そもそものところから「安保法制がなぜ憲法違反か、どこが問題か」をわかりやすく解き明かしてくれました。


IMG_3512


「非戦闘地域でも後方支援が可能になったのは、駅のホームで『現に電車が通っていなければ線路まで降りてよい』と言っているようなもの。いつ危険が迫るかわからない」「安保法制というと日本が攻撃を受けたときの対処についての法律に思えるが、実際は『海外での自衛隊活動拡大法』」などの話は、安保法制の本質をわかりやすく語るうえでとても参考になりました。


IMG_3524


講演会を抜けて寺尾事務所へ。斉藤和子衆院議員をゲストに野党共闘の意義と展望について学ぶつどい。主催はふみネエ推し隊mihamaです。


IMG_3525


到着するとすでに事務所内はいっぱい。寺尾事務所にこんなに若者が集まったのは初めてかもしれません。前半の和子さんの話は聞けませんでしたが、質疑応答に続いて「共産党の若者パンフを若者が集まるお店に置かせてもらおう」「大学生向けに宣伝しよう」と今後の活動について議論が白熱していました。


IMG_3532


最後に参加者の一人、鹿又結子さんが挿絵を描いている絵本「食いしんぼうカレンダー」もゲット。その後の打ち上げも含めて楽しい時間を過ごしました。忙しいなかを来てくれた和子さんにも感謝です。力に変えて必ず選挙勝利につなげたい。