昨日、今日と日本共産党南関東ブロック(神奈川、千葉、山梨)の地方議員研修会に参加してきました。昨年のいっせい地方選挙で3県の地方議員数は195人から221人へと躍進。直面する参議院選挙の勝利をめざして大いに学習と交流を深めました。


IMG_2977


一日目は志位委員長が第5回中央委員会総会(5中総)決定の中心点について1時間半余りにわたって報告。冒頭、熊本県を中心とする九州地方の地震被害の状況に触れ、「避難者は9万人を超え、食料と水が圧倒的に足りません。党として救援作業や募金の取り組みに全力を上げています」と話しました。同時に鹿児島県の川内原発について「震源域がさらに広がり、万一の避難ルートだとされていた新幹線と高速道路が寸断されている。電力需給がひっ迫しているわけでもない。原発への立場の違いを超えて、まず緊急停止すべきです」と訴えました。


IMG_2991


さらに5中総の内容について、情勢の特徴と日本共産党の役割、参議院選挙の政治論戦、選挙戦の宣伝・組織活動についてそれぞれ報告しました。野党共闘がどのように発展してきたのか、この方向を進むことでどんな展望が切り拓かれるのかについても大きな視野で見通すことができました。


IMG_2992


畑野きみえ衆院議員、斉藤和子衆院議員のあいさつ、椎葉かずゆき比例候補、浅野ふみ子千葉選挙区候補、あさか由香神奈川選挙区候補、山梨県で野党統一候補を実現し選挙区から比例にまわった宮内げん候補のそれぞれの決意表明にもパワーをもらいました。


二日目の今日は、分散会方式で討論し交流を深めました。様々な困難に直面しながら戦争法廃止をはじめとする住民要求実現の先頭に立ち、選挙勝利のために全力で奮闘している各地の地方議員のみなさんに学ばされることがたくさんでした。3県の連帯した力で何としても参院選勝利を!