「憲法がいきる明るい千葉県をつくる会」(明るい会)が毎議会ごとに行なっている県への要請行動。2月県議会閉会日を前に県議団として参加しました。


DSC_0895


要請項目はシンプルに5点。特に①木更津市へのオスプレイ配備計画に反対すること、②千葉県として大学生などへの給付制奨学金を創設すること、③地域医療構想の策定にあたって全国最下位クラスの医療・介護の提供体制を充実させること、④公共工事設計労務単価の引き上げを現場に反映させること、⑤違法なロックアウト解雇を繰り返す日本IBMへの行政指導を行うこと、を求めました。


DSC_0878


自衛隊が佐賀空港に配備する予定のオスプレイは今年度すでに5機分購入されています。ところが佐賀県が県をあげて反対しているもとで、そのオスプレイは第一ヘリコプター団がある木更津駐屯地に「仮置き」されることになっています。「定期整備だけではなく、そのまま配備されるのではないか」という疑念はいよいよ大きくなっています。


県側は相変わらずの国言いなり答弁でしたがそれではもう済まされません。どの問題でも切実な現場の声を受け止めるべきです。