甘利前経済再生担当大臣の「政治とカネ」にまつわる疑惑は閣僚を辞任してもますます深まっています。今日は辰巳孝太郎参院議員、斉藤和子衆院議員、椎葉かずゆき参院比例予定候補とともに県議団も同席して県当局から聞き取りを行いました。


IMG_2480
県当局から説明を受ける国会議員団(左)と県議団(右)


千葉ニュータウン事業の県道用地を巡るURとのトラブルに関連して、白井市内の建設業者から直接現金を受け取ったことは甘利前大臣自身も認めていますが、問題はその見返りにURへの「口利き」を行なったのではないかという疑惑です。


この建設会社は道路用地の物件移転などの名目で、三度に渡って計3億円近い巨額の補償金をURから受け取っています。告発者は補償金のなかから甘利事務所に500万円を渡したと証言しており、まわりまわって国民・県民の税金が「口利き」に使われたと疑われても仕方がありません。


県は他人事で済ますのではなく真相解明に向けて責任を負うべきです。