今日、明日は斉藤和子衆院議員を迎えて「県民要望を聞く会」(日本共産党千葉県委員会主催)。今日の午前中は「医療・福祉」について。私は司会でした。


IMG_1114


「介護保険の補足給付(食費・居住費の補助)に資産要件が加わったことで、通帳のコピーまで役所に提出しないと申請書も書かせてもらえない」など、介護、国保、地域医療、生活保護などに関わって各団体から切実な要望が次々と出され、非常に意義のあるつどいになりました。


そのなかでも驚きの声が上がったのは中村きみえ市議が告発した千葉市の実態です。生活保護改悪で住宅扶助費が削減されたことによって、「DV被害を受け、ペースメーカーをつけて電動車椅子を使用している方まで無理やり転居させられている」など、現場では厚労省の通知(機械的に転居させるのではなく個々人の事情に応じて経過措置を適用すること)を無視した理不尽な転居指導が横行していました。


あまりにもひどすぎると怒りの声が上がり、通知の徹底を求めてあらためて厚労省に要請しようとその場で相談しました。現場の声こそが政治を動かす力です。明日は引き続き「保育・子育て」について要望をお聞きします。



午後は日本共産党の「戦争法廃止の国民連合政府」提案を持って様々な団体を訪問。こちらも有意義な取り組みになりました。