参議院特別委員会で戦争法案の強行採決、というか採決が行われたのかどうかもわかりませんでした。こんな暴挙は到底認められません。


「与党、野党のどちらも見苦しい」「どっちもどっち」という見方は正しくありません。参議院の審議のなかで明らかになった法案の矛盾や問題点に対して、何一つまともに答えていなかったのは安倍政権です。加えて「自衛隊内部文書」問題の解明や中央・地方公聴会を受けて審議を充実させることも与野党間で確認していました。


その約束を破り、締めくくり総括質疑も行わずに一方的に審議を打ち切ったのは与党の側であり、「こんな採決は許されない」とあらゆる手段を使って阻止するのは当然です。


何よりも野党の後ろには圧倒的な国民の世論がついています。民主主義を守るために、憲法違反の法案を廃案にするために最後の最後までたたかいぬく。いま求められているのはこうした野党のたたかいを全力で後押しすることです。まだまだこれから。