「戦争法案」の審議はいよいよボロボロです。

IMG_5801

昨日の国会質疑では、政府見解で「安全保障環境が根本的に変容した」ために集団的自衛権を行使するというが、「何をもって、いつ頃から根本的に変容したのか」と問われると中谷防衛大臣は明確に答弁できませんでした。

さらに「実際に世界で他国に対する武力攻撃で、国の存立が脅かされた国があるのか」と問われれば、「しっかり調べて答弁します」という始末。いずれも日本共産党の宮本徹議員への答弁です。

結局、何のために戦争法案が必要なのか。少し突っ込んだ質問をされるとそれすらまともに答えられないということです。こんなずさんな法案はありません。

今日の夕方も花見川区では3つの駅で署名宣伝。私は幕張本郷駅で訴えました。世論から孤立しつつある安倍政権を徹底的に追い詰め何としても廃案に!