6月定例県議会が開会しました。開会前に議場で行われたニューフィル千葉の演奏に酔いしれ優雅な気分に浸ったのも束の間、日本共産党千葉県議団として先の県議選にかかわって起きたとんでもない事件について本間進議長に申し入れました。

DSC_0043
本間進議長(右端)に申し入れる日本共産党千葉県議団

マスコミでも報道されている、県議選いすみ市選挙区で有権者を飲食接待したとされる供応買収事件。逮捕・送検された容疑者はなんと指定暴力団住吉会の会長でした。いすみ市選出の自民党県議の票のとりまとめを依頼するために酒食をもてなしたということですが、選挙買収はもちろん反社会的集団である暴力団幹部が関与していたなどというのは事実であれば言語道断です。報道では同県議も宴席に居合わせたということです。

今日の申し入れでは①議会として、今回の事件の全容を明らかにするため、当該議員から説明を求めるなど必要な措置を講じること、②当該議員の政治的道義的責任を明らかにし、議員辞職勧告を含め厳正に対処すること、の2点を求めました。事は議会の信頼が根底から問われる問題です。絶対にあいまいにするわけには行きません。