今日のしんぶん赤旗日刊紙は重要です。今日は一日訪問活動でしたが、この話をするなかで日刊紙を初めて購読してくださる方もいました。

IMG_2345
 

日本軍「慰安婦」の問題をめぐって、いわゆる「吉田証言」が虚偽だったという朝日新聞の訂正記事をきっかけに、猛烈な朝日新聞バッシングと「慰安婦の強制連行はなかった。『河野談話』を取り消すべきだ」という一部マスコミなどでの大キャンペーンが行われています。こうした動きに正面から反論する日本共産党の見解を発表しました。

IMG_2346
 

このなかで、そもそも「河野談話」は「吉田証言」を根拠につくられたものではなかったことを当時「河野談話」作成に直接かかわった当事者の証言も引きながら明らかにしています。


そのうえで「河野談話」を攻撃する勢力が、もっぱら女性たちが「慰安婦」になる過程で強制連行があったかなかっただけに焦点をあて、それを裏付ける証拠がないということだけを声高に言うことで、「慰安婦」問題の本質を覆い隠そうとしていることを厳しく批判しています。

 

しかし仮に本人の意思で来たにせよ、「慰安所」での生活が自由のない強制使役の下に置かれたことは明らかです。このことは日本の司法の場でも詳細に事実認定されています。だからこそ政府も「河野談話検証チーム」までつくったにも関わらず、結局「河野談話の継承」を表明せざるを得ませんでした。

 

日本軍「慰安婦」というものが、たとえ強制連行がなかったとしても、どの国もやっていたとしても、当時としても絶対に許されない最悪の国家的戦争犯罪だということは明らかです。

IMG_2344
 

昨日付の読売新聞には、朝日新聞と「河野談話」をこれでもかと攻撃する週刊誌の広告が掲載されています。見出しを見るだけでも気分が悪くなりそうです。日本の良識が世界から問われています。