今日は「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会の千葉市・市原市大会でした。上位で勝ち抜くと次が県大会、さらに県大会も勝ち抜くと11月には全国大会(赤旗名人戦)があります。全国の頂点「赤旗名人」は将棋のプロ公式戦・新人王戦(しんぶん赤旗主催)に出場でき、囲碁の新人王に挑戦できます。第51回という歴史あるこの大会でごあいさつさせていただきました。

IMG_2315

最初に小松県議が主催者あいさつ。囲碁や将棋を安心して楽しめるようにするためにも安倍政権の戦争に向かう国づくりを何としてもストップさせなければならないと熱を込めました。特に危険な欠陥機オスプレイを木更津駐屯地に配備しようという動きに警鐘を鳴らし、千葉県弁護士会など幅広い人たちが声を上げているなかで共同を広げようとうったえました。

IMG_2317


続いて私があいさつ。実は小学生の頃は将棋クラブに所属していましたが腕前はさっぱりでした。さらにマンガ「ヒカルの碁」のブームなど若者のなかに囲碁人気が広がりましたが、若者の働き方をまともにしないとこういう場にも来られない、そのためにも選挙を勝ち抜くとうったえました。

囲碁、将棋それぞれの審判長があいさつをされたのち、さっそく組み合わせ抽選をして対局が始まりました。一瞬、将棋の初心者の部に出てみたいなとも思いましたが、とても相手にならないのですぐにあきらめ会場を後にしました。

そのあとは花見川団地、幕張地域、西小仲台団地で訪問活動。よく歩いた一日でありました。