寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

西日本豪雨の救援に全力を尽くすとともに、東海第二原発の再稼働はきっぱりと断念を

数十年に一度といわれる西日本一帯の豪雨によって死者46人、70人以上が安否不明と大変な被害になっています。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


日本共産党も対策本部を設置し、各地の議員が対応に奮闘しています。いまなお救助を求めている人もいます。これ以上の被害を食い止めるために全力を尽くしてほしい。千葉県からも求められている救援・支援を行いたいと思います。


そうかと思えば先ほど千葉県では最大震度5弱の地震が発生。突然緊急地震速報が鳴り、それと同時に長い横揺れが続きました。花見川区は震度3で我が家も被害はありませんでしたが、念のため引き続き警戒する必要がありそうです。


それにしても、これで東海第二原発の再稼働など狂気の沙汰としか言いようがありません。災害への備えという意味でもまず真っ先に行なうことは廃炉を決定することでしょう。


日本共産党千葉県委員会と党県議団は昨日、東海第二原発の再稼働中止を求める声明を発表しました。今年11月で稼働期限40年を迎える老朽原発がもしも過酷事故を起こしたら千葉県にも計り知れない被害をもたらすことになります。


災害対策にも逆行する原発再稼働はきっぱりと断念を-千葉県で大きな世論にしていきたいと思います。


DSC_0347

6月定例千葉県議会が閉会しました

6月定例千葉県議会は今日が閉会日。議案・請願と発議案についての討論、採決が行われ、日本共産党からは加藤英雄県議団長が討論に立ちました。


180706加藤2
討論に立つ加藤英雄県議団長


開会前には先日の県議会代表質問を踏まえ、小高伸太議長に「県議会答弁における県執行部の真摯で誠実な対応を求める申し入れ」を行いました。今回の私の代表質問でとりわけ顕著に表れたように、県執行部の日本共産党に対する答弁は事実上の「答弁拒否」とも言えるような異常なものでした。


180706議長申入れ1
小高議長に申し入れる県議団


議会答弁は一つひとつの質問に対して行うことが当然ですが、日本共産党に対しては「関連がある」という理由でいくつかの質問項目をまとめて答弁する「一括答弁」が行われ、質問60項目のうち14回32問にも及びました。なかには4項目の質問にまとめて答弁したというものもありました。他党に対しては「一括答弁」はありません。


成田空港の機能強化で「なぜ成田周辺の住民だけが深夜まで騒音の被害に苦しまなければならないのか」という質問などは、他の質問と一括にされたことでまったく答えがありませんでした。このような答弁がまかり通れば、議会質問は成り立たず形骸化してしまいます。


こうした結果、各党の代表質問に対する執行部の答弁時間は自民党40分、千葉民主の会39分、公明党43分に対して、日本共産党はわずか27分に過ぎませんでした。


たとえ政治的立場は違っても、県民から負託された議員の質問に対しては真摯に誠実に答えるべきではないでしょうか。今議会限りで退任した小高議長は「執行部に伝えます」と答えましたが、議会での議論を実りあるものにするために新しい議長にも公平・公正な議会運営に努力してもらいたいものです。


一方、健康福祉常任委員会で全員一致で採択された「県の重度心身障害者医療費助成制度に精神障害者を加えるよう求める請願」は、本会議でも全会派一致で採択されました。


私たちも繰り返し質問のなかで求めてきましたが、障害者権利条約に照らし、身体・知的障害者とあわせて一刻も早く精神障害者にも適用をと求めてきた当事者や家族会のみなさんの声と運動が議会を動かしました。重要な成果として確信にするとともに、県は速やかに制度の改善を図るべきです。

新しく入党した方の歓迎会に参加しました

今日は生活相談の対応などをしていましたが、お昼は先日新たに共産党に加わってくださった方の歓迎会があり、お誘いを受けたので参加させていただきました。


30代の女性を迎えたこともありベテランぞろいの支部のみなさんも若干緊張気味。しかし食事を囲みながらのお互いの自己紹介を皮切りにサッカー、野球をはじめとするスポーツの話や趣味の話、職場の実態など話が尽きることなく盛り上がりました。


新しく支部のメンバーとなった彼女も「以前は政治について興味はなかったけど、職場の状況を変えていくためにも知らなければいけないことがたくさんあると思うので学んでいきたい」とあらためて決意を語ってくれました。支部のみなさんもあたたかく励ましていました。ぜひ彼女の思いに応えていきたいですね。心温まる歓迎会でした。

プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • 市民アクション花見川の署名行動で訴え、明日は「女性と人権」企画です
  • 市民アクション花見川の署名行動で訴え、明日は「女性と人権」企画です
  • 市民アクション花見川の署名行動で訴え、明日は「女性と人権」企画です
  • 市民アクション花見川の署名行動で訴え、明日は「女性と人権」企画です
  • 危険な側溝、U字溝の対策を国交省に要望しました
  • 危険な側溝、U字溝の対策を国交省に要望しました
  • 寺尾事務所の法律相談、野球観戦も
  • 寺尾事務所の法律相談、野球観戦も
  • 豪雨災害の緊急支援に全力を-日本共産党の提案