寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

9・12賃金・単価引き上げ千葉県決起集会に参加しました

明日に迫った9月定例千葉県議会開会を前に、「9・12賃金・単価引き上げ千葉県決起集会」が開かれました。


DSC_0040
連帯あいさつを行う岡田幸子議員と日本共産党県議団


主催は全建総連千葉県連合会、東京建設従業員組合、千葉土建一般労働組合によって構成される実行委員会。建設労働者の賃上げと人間らしい働き方の実現を求めて2014年から始まった集会も今回が5回目です。日本共産党県議団は5人そろって参加し、代表して県土整備常任委員の岡田幸子議員が連帯あいさつを行いました。


公共工事の設計労務単価は2012年度比で43.3%引き上げられ、建設労働者の賃上げの条件が大きく広がりました。しかし全建総連の組合員実態調査では、千葉県の公共工事現場で働く組合員の賃金(日給)は全職種平均で14708円、千葉県の設計労務単価平均25455円とは大きく乖離しています。


集会でも発言が相次いだように、最大の要因は元請である大手ゼネコンがすべて利益を吸い上げていることにあります。一方この間、大成建設など大手ゼネコンの建設現場で死亡事故が相次いでいます。労働者に利益を還元せず、必要な安全対策を取らないなど劣悪な労働条件を押し付けている構図が浮かび上がります。


企業に社会的責任を果たさせることと同時に、制度的に労働者に適正な賃金を保障する仕組みがどうしても必要です。その最たるものが公契約条例ですが、集会では「公契約条例について議論する検討委員会の設置」を含む千葉県への請願内容も確認されました。建設労働者に週休2日を保障するための手立てを取ることなど5項目の請願採択のために明日からの議会で力を尽くしたいと思います。

治安維持法国賠同盟の関東ブロック会議、検見川フェスタ「やあびな」に参加しました

昨日、今日と治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟(国賠同盟)の関東ブロック会議に参加してきました。


IMG_5532
治安維持法国賠同盟関東ブロック会議で記念講演する五十嵐仁・法政大学名誉教授


2016年4月に同盟千葉市支部が発足し支部長に就任してから毎年の関東ブロック会議には欠かさず参加しています。今回は会場が神奈川県厚木市の七沢温泉にある旅館「福元館」でした。ここは「蟹工船」で有名な日本共産党員作家・小林多喜二が1931年3月から4月にかけて約1か月間滞在し、小説「オルグ」を書きあげた宿として近年有名になりました。


IMG_5556
会場となった七沢温泉の老舗旅館「福元館」

IMG_5549
小林多喜二が滞在した離れ


多喜二が滞在した離れはいまも当時の建物がそのまま残り、部屋も大切に保存されています。治安維持法違反で逮捕され、東京・築地署で拷問によってその日のうちに死亡するのは1933年2月、ここでの滞在からわずか2年足らずのことです。


IMG_5536
連帯あいさつするはたの君枝衆院議員


会議では法政大学名誉教授の五十嵐仁さんが記念講演。戦前回帰の政治を突き進む安倍政権をどう打倒するのか、内外情勢から展望を語りました。日本共産党のはたの君枝衆院議員も連帯あいさつ。さらに関東各県から活動報告がありました。


IMG_5560
千葉市支部の活動について報告する寺尾さとし


IMG_5566
玉川寛治さん

IMG_5571
渡政の果たした役割とつどいの意義について語る小松実前県議


千葉県からは11名が参加、そのうち5名が千葉市支部でした。今日の自由討論では私がこの間の千葉市支部の活動を報告。県本部会長で千葉市支部事務局長の小松実前県議が、10月に予定されている渡辺政之輔没後90周年のつどいの意義について語りました。また千葉市支部からは玉川寛治さんが千葉県出身の戦前の活動家・飯島喜美の生涯について著作にまとめていること、そのことが朝日新聞の千葉版で取り上げられるなど注目を集めていることも報告されました。


20180910205616
千葉県からの参加者


東京都でライブハウスを借り切って治安維持法について学ぶイベントを開き青年部を結成したり、神奈川県でも支部の若い役員が生まれているなど、運動をどう次の世代に引き継ぐかという点でも各地の発言から学ぶところが多々ありました。支部の発展に生かしていきたいと思います。千葉市支部からの参加者を乗せて行き帰りと車を運転してくれた小松さんにも感謝です。


IMG_5522
検見川フェスタ「やあびな」で


昨日の午前中は検見川フェスタ「やあびな」にも中村きみえ市議と参加しました。記念すべき20回目のやあびなでした。商店街と地域の活性化のためにこちらもますますの発展を。

こどもサポートルーム幕張&シンポジウム「子どもの見えない貧困」へ

先月に続いて今日の午前は幕張の千葉民医連事務センターで行われた「こどもサポートルーム幕張」(無料塾&子ども食堂)へ。今回は参加者は少なめでしたが、楽しく勉強?しつつ美味しいカレーをいただきました。


DSC_0486
「こどもサポートルーム幕張」で


そして午後は千葉県弁護士会主催のシンポジウム「子どもの見えない貧困」に参加。基調講演ではドラマ&漫画「健康で文化的な最低限度の生活」の原作者・柏木ハルコさんが生活保護をテーマに取り上げた思いや漫画やドラマへの反響などについて語りました。


IMG_5516
シンポジウム「子どもの見えない貧困」


「思ったよりバッシングはなかった」と柏木さん。しかし「ゴールデンタイムにこんな重い話は見たくない」「現場はこんなものじゃない」などドラマには本当に様々な反響があったそうです。


不正受給や親族への扶養照会、アルコール依存症など漫画・ドラマでは様々なテーマを取り上げていますが、なるべくありのままを伝えようと取材を重ねたそうです。今後は子どもの貧困に加えてケースワーカー自身の働き方や住まいの貧困、女性の貧困なども取り上げたいとのこと。


また、「困っている人自身が声をあげることとともに、それに対して賛同する人がいるのが大事。そうしないと可視化されないし、社会でなかったことにされてしまう。声をあげやすい社会であってほしい」と運動に取り組む人たちにもメッセージを寄せました。


その後当事者の方からも報告があり、後半のパネルディスカッションでは柏木さんに加えて、弁護士の松宮徹郎さん、フードバンクちばなどの活動に取り組む菊池謙さん、子どもたちへの学習支援などに取り組むNPO法人ダイバーシティ工房の武笠さんの4人で「子どもの貧困をどうとらえ、どう取り組むか」をテーマにパネルディスカッション。それぞれが取り組んでいる活動とともに子ども食堂についても議論になり、行政や各主体どうしがつながることの重要性など学ばされる視点がたくさんありました。今後に生かしていきたいですね。


夕方は花園地域で訪問活動。今日も暑い一日でしたがずいぶん日は短くなりました。秋の訪れを感じます。

プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • 花園地区敬老会と地域訪問、自治労連レセプションに参加しました
  • 花園地区敬老会と地域訪問、自治労連レセプションに参加しました
  • 安保法制=戦争法強行から3年、19日行動に取り組みました
  • さつきが丘から花見川区役所への直通バス路線が実現しました
  • さつきが丘から花見川区役所への直通バス路線が実現しました
  • 敬老会と地域訪問
  • 敬老会と地域訪問
  • 三連休の初日は宣伝や訪問活動で仲間も増えました
  • 沖縄県知事選挙告示、千葉県議会も開会です