寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

国保広域化に向けての第3回試算結果が公表されました

来年度からの国民健康保険の都道府県単位化(広域化)に向けて、千葉県が行なった第3回試算結果が公表されました。


制度開始にあわせて実施される国の公費拡充1700億円のうち、今回の試算では1200億円分が反映されたということです。千葉県の配分額は68億円です。


試算は今年度に広域化が実施されたとした場合の2015年度との保険料の比較を行ったものです。一人当たり保険料は103,955円で2015年比で1,012円の引き下げになるという結果です。しかし16自治体では引き上げになり、最も上がるところは年2万円近くも引き上がります。相対的に所得の高い市町村が所得の低い市町村を支えるという広域化の本質が表れた結果になりました。


広域化に当たって保険料が大きく高騰することがないように、今回の試算では「激変緩和措置」が3パターンで行われました。一定割合以内に保険料の伸びを抑えるということですが、これは一度市町村に配分したお金を引き上げて再配分するということにすぎません。広域化で保険料が下がるところの下げ幅を圧縮してその分をまわすということです。


そもそも前回5月に行なった試算結果とはまったく違う数値になっており、試算の前提や使用した係数の違いなども定かではありません。千葉市などは「激変緩和措置」を行った後のほうが保険料が引き上げになるという結果です。その他にも様々な問題がありますが、いずれにしても県民に情報をすべて明らかにして進めていくことが必要です。



https://www.pref.chiba.lg.jp/hoken/press/2017/shisankekka201709.html

花見川サイクリング道路沿いにロードバイク用ラックが設置されました

花見川のさらなる魅力向上へロードバイク用ラックが設置!


この間日本共産党花見川区委員会として市に要望し、また中村きみえ市議も7月の一般質問のなかで取り上げた要求が実現しました。


IMG_0972


今日の昼間、さっそく中村市議、もりた真弓市議とともに確認してきましたが、花見川サイクリング道路沿い・花島公園川辺憩いの広場にあるトイレ脇に立派なラックが設置されていました。5月に区委員会として行った「花見川ウォッチング」で直接要望を受けただけに実現できてよかったです。自転車で訪れていた親子(お父さんに写真撮影をお願いしました)も「これは便利ですね~」と喜んでいました。


地域のなかでも「花見川をもっと魅力的に整備してほしい」という声が上がっているそうです。天気が良かった今日もたくさんの方がサイクリング道路を走っていました。ロードバイク用のラックは他の箇所にも整備が必要かもしれません。引き続き寄せられた要望の実現のためにがんばります。

治安維持法国賠同盟千葉県本部総会が開かれました

今日は治安維持法国家賠償要求同盟(国賠同盟)千葉県本部第44回総会です。分不相応ながら千葉市支部長を務める私も来賓を兼ねて参加しました。


IMG_0959


麻生副総理兼財務相の「ヒトラーは動機は正しくても結果はダメ」という発言、小池東京都知事の関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典への追悼文送付とりやめなど、歴史を逆行させるような動きが表面化するなかで、「再び戦争と暗黒政治を許すな」というスローガンを掲げる国賠同盟の役割がいまほど問われるときはありません。特に若い世代へどう運動を引き継いでいくのかは最大の課題です。


IMG_0961
杉浦正男さん


総会では船橋市に住む治安維持法犠牲者である103歳の杉浦正男さんが特別発言を行いました。戦前、印刷工として働いていた杉浦さんは労働者の権利を守るために労働組合運動に取り組みました。1500人の労働者を組織する「出版工倶楽部」の結成に参加し、中心的に活動するなかで1942年11月、治安維持法違反の罪で逮捕。拷問取り調べを受けたのち懲役3年の判決を受けます。いっしょに逮捕された杉浦さんを指導した先輩は、懲役7年の判決を受け獄死します。


杉浦さんは当時を振りかえり、「あまりにも無知だった」といいます。103歳のいまも「自分の歩んできた道を理論的に振り返るため」学習を続け、「太平洋戦争史」(歴史学研究会編・東洋経済新報社)などを読み進めているそうです。「戦時中は病気になれば手りゅう弾を渡されて自決を迫られ、金目のものは拠出させられたうえに少ない賃金のなかから献金を強要される。断れば売国奴と言われる。まさに日本国民全体が牢獄に入れられているようだった」という杉浦さんの言葉はあまりにも重いものがありました。治安維持法犠牲者に国家賠償を行い、それを全国民に明らかにすることはまさに国民的な要求です。何としても運動をつないでいかなければなりません。


20170909_100502
新会長に選出された小松実前県議


その後活動報告や活動方針提案が行なわれ、新役員として千葉市支部事務局長である小松実前県議が県本部会長となりました。副会長に七里一司さんと安達絹恵さん、事務局長に中村日出丸さんが選出されました。国家賠償を要求する請願署名運動を中心に、千葉市支部でも戦前のたたかいの足跡をたどるフィールドワークなど大いに運動を発展させていきたいと思います。


IMG_0967
20170909_161307
さつきヶ丘での「被爆者の描いた原爆の絵展」


午後は宣伝カーで畑町、こてはし台、花見川団地、さつきヶ丘で訴えました。さつきヶ丘では「さつきヶ丘9条の会」のみなさんが毎年行なっている「被爆者の描いた原爆の絵展」も観てきました。今年は広島の高校生たちが被爆者から証言を聞き描いた絵も展示されています。こちらもぜひ多くの方に観ていただきたいです。明日10日(10:00~16:30)までさつきヶ丘小売市場2階ホールで開かれています。

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 敬老会と総選挙に向けて地域訪問
  • 敬老会と総選挙に向けて地域訪問
  • 志位委員長が訴える千葉駅前街頭演説にご参加を
  • 千葉県議会代表質問を行いました
  • 千葉県議会代表質問を行いました
  • 千葉県議会代表質問を行いました
  • 花園地区敬老会に参加しました
  • 検見川フェスタ「やあびな」と地元・畑町の敬老会に参加しました
  • 検見川フェスタ「やあびな」と地元・畑町の敬老会に参加しました