寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

自治労連千葉県本部定期大会に参加しました

今日の午前中は椎葉かずゆき参院比例候補とともに自治労連千葉県本部定期大会に参加。最大の話題はやはり戦争法です。


IMG_0850


椎葉候補は日本共産党が「戦争法廃止の国民連合政府」の実現を呼びかけ、志位委員長が民主党の岡田代表と早速会談したことを紹介。協力・共同をさらに発展させることを呼びかけました。


定期大会のメインスローガンは「職場・地域で、憲法・地方自治をいかし、いのちとくらし、住民生活を守ろう」です。憲法破壊の暴挙から自治体労働者と住民を守るためにも大きく力をあわせる時です。

県議会開会、「賃金・単価引き上げ千葉県決起集会」にも参加しました

千葉県議会9月定例議会が開会しました。来週からはいよいよ代表質問、一般質問が始まります。


20150925_223528


本会議終了後、千葉市文化センターで行われた「9.25賃金・単価引き上げ千葉県決起集会」に県議団全員で参加しました。建設労働者の組合・全建総連の構成団体である千葉土建など3つの団体が昨年から共同して開いている集会です。


公共工事設計労務単価が3年連続で引き上げられ、上昇率は全国平均で28.5%に達しました。ところが建設産業に従事する技能労働者は減り続け、今後10年間で現在の340万人から100万人減少すると言われています。労務単価の引き上げが現場の労働者の賃金に反映されていないことが最大の問題です。防災・減災対策、老朽化したインフラ対策など建設産業に求められる役割はますます大きくなるにもかかわらず、このままでは業界そのものが立ち行きません。


そのなかで切望されているのが下請労働者に適正な賃金を保障する「公契約条例」です。千葉県野田市が全国に先駆けて制定し各地に広がっています。ゼネコン113社の営業利益はこの1年で58%も増加し、賃上げの条件は十分にあります。若者が建設産業で希望を持って働けるようにするためにも、地域経済の活性化のためにもぜひ公契約条例を進めたい。千葉県は真剣に答えるべきです。

明日はいよいよ千葉県議会開会日です

千葉県議会は明日が9月定例議会の開会日です。今日は夜まで準備に追われました。来週10月2日には日本共産党を代表して三輪由美県議が代表質問に立ちます。


先の県議選で日本共産党が3議席に前進した岩手県議会では、県議会として全国で初めて「安全保障関連法案の強行採決に抗議し、今国会で成立した安全保障関連法の廃止を求める意見書」が可決されたそうです。これは素晴らしい。千葉県でもぜひ変化を起こしたいですね。


同時に教科書採択に関わる県教委の問題、鋸南町の汚染土処理施設問題、無駄な巨大開発や介護保険制度など県政の課題は山積みです。一歩でも二歩でも県民の世論が反映される県議会にするために、県議団で力をあわせたいと思います。

プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • 市民アクション花見川の署名行動で訴え、明日は「女性と人権」企画です
  • 市民アクション花見川の署名行動で訴え、明日は「女性と人権」企画です
  • 市民アクション花見川の署名行動で訴え、明日は「女性と人権」企画です
  • 市民アクション花見川の署名行動で訴え、明日は「女性と人権」企画です
  • 危険な側溝、U字溝の対策を国交省に要望しました
  • 危険な側溝、U字溝の対策を国交省に要望しました
  • 寺尾事務所の法律相談、野球観戦も
  • 寺尾事務所の法律相談、野球観戦も
  • 豪雨災害の緊急支援に全力を-日本共産党の提案