寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

ハンドマイク宣伝に反響-「反核カレー」を食べてがんばりました

昨日と打って変わって今日は暖かったですね。打ち合わせや会議など慌ただしいなかですが、午後はハンドマイク宣伝に打って出ました。近くのスーパーで長ネギを6本くらい買ってきた年輩の女性は、「もうホントに大変よ。年金は削られるし、ゴミ袋も有料になるしいったい何なのよ!」と興奮気味にまくしたててきました。怒りはごもっとも、しゃべっているマイクを奪わんばかりの勢いです。

IMG_2964

お昼は小松事務所隣の花園診療所友の会が行なっている「反核カレー」(500円)をいただきました。利益は原水爆禁止世界大会への代表派遣費用など平和運動に使われます。美味しかった~。

IMG_2956

夕方は(写真はありませんが)新検見川駅でのお帰りなさい宣伝。チラシの受け取りもよく、会釈をしてくれる人、うなずきながら通り過ぎていく人も多いです。確実に起こっている変化、モノにするにはもうひとがんばりが必要ですね。明日もがんばります。

日本共産党の総選挙政策が発表されました

日本共産党の総選挙政策が発表されました。「安倍政権の暴走ストップ!国民の声が生きる新しい政治を」と題して、「消費税増税ストップ」「アベノミクスではなく暮らし第一の経済へ」「憲法9条を生かした平和外交へ」「原発再稼働ストップ」「沖縄の米軍新基地建設ストップ」という日本の政治の「5つの転換」を訴えています。

さらにもう一つ、「『消費税にたよらない別の道』―日本共産党の財源提案」も同時に発表されました。この間私も、「消費税増税は困るけど、増税しないで大丈夫なのか」「消費税に頼らない『別の道』というが、もっとわかりやすくうちだしてほしい」という声を多くの方から聞いていました。

安倍政権はもちろん、どの党も「先送り」は言っても結局は消費税に頼る立場です。日本共産党は、消費税は社会保障の財源としても財政再建にももっともふさわしくない税制だとして増税の「先送り」ではなく「きっぱりと中止する」ことを呼びかけています。この方向を思い切って多くのみなさんに語り広げたいです。

みなさん、ぜひご一読ください!

「消費税にたよらない別の道」―日本共産党の財源提案
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/11/post-624.html


日本共産党の総選挙政策
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/11/post-625.html

会議、訪問活動、後援会のつどいなどせわしない一日でした

なかなかせわしなくなってきました。会議や訪問活動にとりくみつつ、今日の午後はもりた市議とともに西小中台・宮野木台後援会「いずみの会」の決起集会へ。「毎日のように集まって対策を練っていった方がいいんじゃないか」「団地には若い人も増えている、どうやってはたらきかけていくか」など参加者から意欲的な発言が相次ぎました。「今回は勝つぞ」という熱意がみなぎっていますね。

IMG_2943

安倍首相は「雇用は100万人増えた」「賃金が2%上がった」などと言っていますが、実際は非正規雇用が123万人増えた一方で正規雇用は22万人減っています。「2%増」というのも連合が統計を取った314社だけ、全体のわずか0.008%です。実際には実質賃金は15ヶ月連続マイナスです。

自分たちに都合のいい数字だけを並べ立てて「アベノミクスは成功している」などというのは許されません。何より庶民の生活実感から言っても「景気がよくなっている」なんてとても言えません。これから安倍政権が「成長戦略」として狙っているのは、労働者派遣法の大改悪やTPP推進、原発輸出など「大企業栄えて国滅ぶ」というものばかりです。雇用のルール確立、社会保障の切り捨てから充実へなど「暮らし第一」への転換こそ必要です。

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 敬老会と総選挙に向けて地域訪問
  • 敬老会と総選挙に向けて地域訪問
  • 志位委員長が訴える千葉駅前街頭演説にご参加を
  • 千葉県議会代表質問を行いました
  • 千葉県議会代表質問を行いました
  • 千葉県議会代表質問を行いました
  • 花園地区敬老会に参加しました
  • 検見川フェスタ「やあびな」と地元・畑町の敬老会に参加しました
  • 検見川フェスタ「やあびな」と地元・畑町の敬老会に参加しました