寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

小松実さん、由紀子さんの「ありがとうのつどい」が開かれました

今日は4月の選挙で議席を引き継いだ小松実前県議会議員と奥さんの由紀子さんを労う「ありがとうのつどい」が開かれました。


IMG_1480
中村きみえ市議、もりた真弓市議らから花束と記念品を贈られる小松実前県議(右端)と由紀子さん(その横)


IMG_1489
最後にあいさつに立った小松実前県議


伊藤花見川区後援会長、野本千葉市議団長、私学後援会の平形先生、千葉労連の松本議長、加治元県議団事務局長から7期28年の長きにわたって県議会議員を務めた小松さんに心のこもった労いの言葉が贈られました。


「言葉の力、言葉の怖さを誰よりも知っていた小松さんだからこそ、質問や演説を磨き抜き、他党の議員からも『質問原稿をもらいたい』『小松さんの話は静かに聞かないと』と言われるほどの信頼を築き上げた」「論戦力や情熱はもちろん、人間の弱さも知っている小松さんだからこそ、人の心を動かし、県政を動かす力を持っていた」という加治さんの話には唸りました。


IMG_1456
IMG_1457
小松さんの歩み、県議会での実績を振り返るスライド上映


「天職」と思っていた教師を辞め、県議会議員に立候補した時からの小松さんの歩みを振り返るスライドも上映されました。私学助成の拡充やコンビナート防災の充実、特養ホームの建設など数え切れないほどの豊かな実績。県内の私立幼稚園の耐震化率が6割にとどまり、県として早急に手を打つべきだと訴えたのは3・11大震災の4日前でした。この質問をきっかけに、県はその後独自に私立学校の耐震化補助のための予算を組みました。


奥さんとともに中村きみえ市議、もりた真弓市議から花束をもらい、最後にあいさつに立った小松さんは少し照れくさそうでしたが、自身の歩みを振り返りながら「まだまだみなさんとともにがんばりたい」と感謝と決意の言葉を述べました。


あらためて本当に偉大な人から議席を引き継いだものだと実感します。「ふりかえれば28年はあっという間だった」という小松さん、一日一日を全力で取り組んできたからこそだと思います。せめて自分もそう振り返られるように精一杯がんばりたいと思います。


小松実さん、由紀子さん、7期28年本当にお疲れ様でした。これからもよろしくお願いいたします。

特区にもとづく成田市への医学部新設について市から聞き取りを行いました

今日の午前中は成田市へ。自治体問題研究所のみなさん、荒川さくら市議とともに成田市で進められている国家戦略特区における医学部新設の問題について市から聞き取りを行いました。


IMG_1418


現在、原則として医学部の新設は認められていませんが(震災復興目的として来年4月開学予定の東北医科薬科大学は除く)、成田市では「一般の臨床医の養成・確保を主たる目的とする既存の医学部とは次元の異なる」「国際的な医療人材の育成のため」に、国家戦略特区として医学部新設が決まりました。2017年4月の開学をめざしています。


国際医療福祉大学が事業者として選定されることが前提となっていますが、市は医学部用地の取得と無償貸与、キャンパスの建設費補助、附属病院の用地取得・造成と無償貸与、病院の建設費出資、などなどあわせて133億円を補助する予定だとのこと。すでに来年4月に開学する同大学の看護学部・保健医療学部に50億円を補助しています。あわせて183億円。一つの大学への支出としてはあまりにも巨額です。


市は「地域医療に貢献するため」と言いますが、そもそもの目的からして非常に怪しい。「医療ツーリズム」で海外の富裕層を呼び込んだり、保険外併用療養(混合診療)を拡大するなど問題点が多すぎます。医師・看護師の確保も容易ではありません。


建設費補助については県にも負担を求めると言いますが、補助額もまったく決まっていないのに12月には着工するとのこと。あまりにも急ぎすぎです。国家戦略特区のあり方も含めて慎重な議論が必要です。

来年度予算に関する政府交渉に参加しました

日本共産党千葉県委員会として毎年行っている来年度予算に関する政府交渉。斉藤和子衆院議員、椎葉かずゆき参院比例候補、中村きみえ市議、社会保障推進千葉県協議会の藤田まつ子さんらとともに「医療・介護」に関わる切実な要望を伝えました。


IMG_1410
厚労省職員に要望書を手渡す椎葉かずゆき参院比例候補


厚労省は、昨年4月から70歳から74歳の方の医療費が2割負担になっていることについては「現役世代との公平性」、介護施設に入所している低所得者の「補足給付」(食費・居住費)の打ち切りについては「在宅の方との公平性」、介護報酬の引き下げについては「制度の持続可能性」を盾にいずれも要望を拒否する回答を行ないました。


IMG_1414
介護事業者の深刻な実態を訴える藤田まつ子千葉県社保協事務局長(左端)


斉藤和子衆院議員は「公平性というのであれば制度を受けていない人への支援こそ強めるべき」「報酬引き下げによって介護事業者の倒産、介護職員の離職が相次ぎ、このままでは制度の存続が危ぶまれる」と指摘しましたが当然です。


安倍首相が「新三本の矢」として掲げる「介護離職ゼロ」「希望出生率1.8」を本気で実現するなら、医療や介護への国の支援を抜本的に拡充することこそ必要です。藤田事務局長や中村きみえ市議から介護事業者や利用者の深刻な実態も紹介されましたが、こうした現場の声こそ受け止めるべきです。

プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • 企業主導型保育事業所を訪問しました
  • 寺尾リーフができました
  • 寺尾リーフができました
  • 小学校の体育祭、朝鮮学校のフレンドシップフェスタに参加しつつ、新しい仲間を迎えました
  • 小学校の体育祭、朝鮮学校のフレンドシップフェスタに参加しつつ、新しい仲間を迎えました
  • 市民アクション花見川の宣伝署名活動、中部地区党学校で科学的社会主義について学びました
  • 市民アクション花見川の宣伝署名活動、中部地区党学校で科学的社会主義について学びました
  • 市民アクション花見川の宣伝署名活動、中部地区党学校で科学的社会主義について学びました
  • 新検見川駅でしいば・浅野候補、斉藤和子前衆院議員らと朝宣伝、民青の介護保険学習会にも参加しました