寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

激励の声にこたえて何としても勝ち抜きたい!

今日はポカポカ陽気のなか、小松実前県議や中村きみえ市議と一日街頭から訴えました。朝の新検見川駅頭宣伝から始まって午前中は宣伝カーで西小中台と宮野木台とさつきが丘、午後は幕張本郷、浪花町、瑞穂で訴えました。さらに夕方は幕張駅でお帰りなさい宣伝と、ほとんどの時間を外で過ごしました。

IMG_4302
子どもたちが見つめる幕張本郷の公園で訴え

IMG_4310
アピールウォークに暖かい声援が送られました

幕張本郷では地域のみなさんとアピールウォークも。子どもたちが集まる公園で訴えていると次々と握手を求められ「がんばってください(笑)」と激励を受けました。「戦争に行くな。投票に行こう」など訴えながら歩いていると美容院のなかからも手を振ってくれる人が。その後に宣伝カーで訴えている時にも通りかかったご夫婦や工事現場で作業中の人などから次々と激励を受け、たびたび演説が中断するほどでした。

この期待にこたえるためにもうひとまわり、ふたまわりの奮闘が必要です。何としても勝ち抜かなければ!

花園地域の新婦人内後援会のつどいに参加しました

今日のお昼は中村きみえ市議とともに花園地域の新婦人内日本共産党後援会のつどいに参加しました。

DSCN3681

ちらし寿司を食べながら和やかな雰囲気のつどいでしたが、話が始まってみると政治への怒りがどんどん出されました。「千葉県は福祉予算は全国最下位クラスなのに自衛隊の応募目標はこの数年達成し続けている」「他党の演説を聞いたが、『年寄りは年金をもらいすぎ。若者と中小企業への支援をするためにお年寄りの年金はもっと削らないといけない』と言っていた。年間150万円しかない年金をもっと削れというのか」など話が止まりませんでした。

私も福祉・暮らしに冷たい県政や、森田知事の「国際社会ではやられたらやり返すのが当然」(著書より)という発言に象徴される歴史逆行・憲法9条敵視の姿勢を告発しました。短時間のつどいでしたが、こうした政治を何としても変えようという思いを固めあうことができました。



 

中村、もりた両市議の事務所びらきがおこなわれました

昨日の演説会の熱気冷めやらぬなか、今日は中村きみえ市議ともりた真弓市議の事務所びらきでした。

IMG_4228
もりた真弓事務所びらき

午前中はもりた市議。うたごえのオープニングから始まって、ママチャリ隊、青年などから訴え。「もりたさんに命を救われた」という障害者の方のエピソードも紹介されました。もりた市議から市民いじめの冷たい市政を何としても転換したいと決意が語られました。

IMG_4251
DSC02512
IMG_4240
中村きみえ事務所びらきで訴える(上から)中村市議、寺尾さとし、小松実・前県議

午後は中村市議。会場となった中村事務所は、室内に入りきれない人が事務所の外にあふれるほどの盛況ぶりでした。税理士や保育関係者など幅広いみなさんから「中村さんを何としても」の訴えがありました。中村市議からは自身が高学費を理由に看護大学への進学をあきらめたことでお父さんを責めてしまったエピソードも紹介され、涙ながらに給付制奨学金を何としても実現したいという決意が語られました。やると決めたことは必ずやりぬき、抜群の行動力を発揮するきみえさんの、政治を変えたい思いの原点を見た気がしました。

IMG_4265
事務所びらき終了後、さっそく幕張でアピールウォーク

花見川区で小松さんの議席を必ずバトンタッチし、2人の市議候補の勝利を必ずという熱気にあふれた事務所びらきになりました。中村事務所びらきのあとは、参加者のみなさんとともにさっそく幕張イトーヨーカドー前までアピールウォークを行ないました。何としても3人そろって勝利を!

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 7月29日は千葉2区市民連合大宣伝です
  • 自治体学校in千葉最終日
  • 自治体学校in千葉最終日
  • 自治体学校in千葉2日目
  • 自治体学校in千葉2日目
  • 自治体学校in千葉が始まりました
  • 自治体学校in千葉が始まりました
  • 自治体学校in千葉が始まりました
  • 津田沼駅前街頭演説会&中核地域生活支援センター大会に参加しました