寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

区民の会の19日行動、花園中創立70周年記念式典、生健会県連総会に参加しました

11月19日。幕張イトーヨーカドー前で「戦争法廃止!花見川区民の会」の19日行動に参加しました。肌寒いなかでしたが30人近くの方が参加し、「安倍9条改憲NO!憲法を活かす全国統一署名(3000万人署名)」を呼びかけながら訴えました。


IMG_1860
IMG_1857
戦争法廃止!花見川区民の会による19日行動


よかったのはいろいろな人と対話ができたこと。自転車で信号待ちをしていた若い男性は、最初は「憲法9条?よくわからないですね」という反応。そう、今日話したほとんどの人が「よくわからない」と言っていました。世論調査でも多数は「よくわからない」です。そんな状況で変えてしまおうということ自体が大問題です。


「安倍首相は自衛隊を憲法に書き込もうというんですけどそれだけならどうですか?」「そうですね…。それだけならいいかもしれないです」「そうですよね。でもそれだけじゃないんです。戦力を持たないという9条の2項を変えようというのが狙いです。自衛隊が戦力だということになれば海外で武器も使えるようになりますよね」「それはどうかと思いますね」などのやりとりを経て、最後は署名してくれました。やっぱり宣伝は貴重な対話の場です。


その後は寺尾事務所近くの花園中学校創立70周年記念式典へ。中村きみえ市議とともに参加しました。式典前の吹奏楽部による演奏も素晴らしかったですが、鳥海校長先生や元校長先生のお話、この間の歩みを振り返るDVDの上映によって、「大賀ハス」の発掘に携わるなど地域とともに発展してきた花園中の歴史がよくわかりました。


IMG_1869
花園中学校の創立70周年記念式典で挨拶する鳥海校長


その後記念講演(花園中出身の渡辺康幸氏・元早稲田大学競争部駅伝監督など歴任)もありましたが失礼しました。急いで向かったのは千葉県生活と健康を守る会(生健会)連合会総会。来賓としてご挨拶しました。


IMG_1873
千葉県生活と健康を守る会連合会総会


生活保護の問題をはじめ国保、介護、税申告など次々と切実な相談が寄せられるなかで、生健会の役割はますます大きくなっています。生活保護の同行申請をした役所の窓口で、職員から「こういうケースはどうしたらいいでしょうか」と聞かれることもあったそうです。安倍政権の社会保障大改悪を許さないためにも、運動でも組織でもさらなる発展が求められます。ともに力をあわせて奮闘する決意を表明しました。


総会では役員選出も行われ、長く務めてきた小泉事務局長が退任されました。地元の運動の発展のために県役員は降りるとのこと。長い間お疲れ様でした。

千葉市あんしんケアセンターで新総合事業の実態について伺いました

今日も午前中から会議、夜も治安維持法国賠同盟の会議でした。


夕方は千葉市内のあんしんケアセンター(地域包括支援センター)でお話を伺いました。


千葉市では今年4月から要支援者の訪問介護、通所介護が介護保険(予防給付)から市の事業(新総合事業)に移行しています。いままで専門的な知識を持った有資格者のヘルパーがやっていた訪問サービスについては無資格者でもできる「生活援助型訪問サービス」、通所サービスにも「ミニデイ型通所サービス」が導入されています。いわゆる基準緩和型サービスです。


従来の予防給付と同様の現行相当サービスによる訪問・通所サービスも提供されていますが、緩和型サービスは現行相当サービスよりも単価が安く、身体介護ができないなどサービス内容も限定されています。


千葉市が実施する研修を受講すれば緩和型サービスに従事することができますが、ただでさえヘルパーが足りないのにわざわざ緩和型サービスをやろうという方は多くありません。結局従来の事業者による有資格者のヘルパーが緩和型サービスをやっているというのが実態だそうです。報酬が下がり、事業者の経営は大変になるばかりです。


さらに「地域支えあい型(住民主体型)」の訪問・通所サービスや「短期リハビリ型通所サービス」も始めていますが、ほとんど利用がありません。


そもそも新総合事業は「家事援助だけなら有資格者じゃなくてもできる」「無資格者であれば報酬も安くていい」「軽度者の支援は地域の助けあいが基本」などという、「安上がりの介護」を進めようという狙いが根本にあります。介護労働者の専門性を否定するようなこの間の改悪こそ最大の問題です。


県内の状況をさらにつかんでいきたいと思います。

12月定例千葉県議会の議案説明を受けました

12月定例千葉県議会の開会まで2週間を切り、今日は議員団会議の合間に当局からの議案説明を受けました。


171116議案説明3
171116議案説明1


補正予算案などとともに、国民健康保険の広域化に伴い新たな条例制定を行う議案も提案されました。いつもより議案は少なめですが、その分集中した議論が求められます。


会議では実質的な審議日程が終了した決算審査特別委員会の報告がされましたが、13日の病院局の内容には驚きました。県立6病院では精神科医療センターを除いてすべて7:1看護(患者7人に対して看護師1人配置)が導入されていますが、この場合月の夜勤回数は72時間(8時間夜勤換算で9回)までとなっています。


昨年度でいえば6病院平均では8.7日とのことですが、月10回を超えている人が750人もおり(夜勤専従看護師を除く)、12ヶ月連続(つまり毎月)10回以上の夜勤をしている人も26人います。最高は16回(2交代の16時間勤務を月8回)にも上ることが明らかになりました。8時間勤務の夜勤を週4回やっているのと等しいことになります。これでは到底身体が持ちません。


一方で有給休暇がまったく取れていない人が7人、1日が16人、2日が18人となっており人員体制の拡充は急務です。


医師の長時間労働も深刻です。時間外勤務が月80時間の過労死ラインを超えている人が6病院あわせて29人。年間の最高残業時間は佐原病院の内科医師で1358時間を超えます。圧倒的な医師不足が最大の原因であり、内科医でここまでの時間外勤務が強いられている実態は異常です。県が責任を持って医師確保に努めるとともに、地域医療を担う佐原病院の将来廃止方針を撤回することがいよいよ不可欠です。


医療・福祉の充実のために12月議会でも力を尽くさないといけません。

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 11月29日の夜は新検見川駅で憲法守る3000万人署名を集めよう
  • 11月29日の夜は新検見川駅で憲法守る3000万人署名を集めよう
  • 11月29日の夜は新検見川駅で憲法守る3000万人署名を集めよう
  • 松戸市で新総合事業について聞き取り、「種まく人びと」上映会も行われました
  • 陸上自衛隊オスプレイ配備が狙われる佐賀県を視察しました
  • 陸上自衛隊オスプレイ配備が狙われる佐賀県を視察しました
  • 陸上自衛隊オスプレイ配備が狙われる佐賀県を視察しました
  • 陸上自衛隊オスプレイ配備が狙われる佐賀県を視察しました
  • 陸上自衛隊オスプレイ配備が狙われる佐賀県を視察しました