寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

県循環器病センターと残土・再生土処分場の問題で市原市へ、市民アクション花見川の宣伝署名活動にも取り組みました

急遽千葉県循環器病センターへ行くことになり、今日は朝から市原市へ。山内かつ子、加藤和夫両市議などとともに循環器病センターの伊能事務局長らと懇談し、統合問題で揺れるセンターの現状について伺いました。


IMG_3648
千葉県循環器病センターで山内かつ子、加藤和夫両市議と


昨年10月に脳外科の医師2人が東千葉メディカルセンターに異動し、24時間365日対応していた脳卒中救急患者の受け入れが時間外については週3日だけとなりました。なんと今年4月からはさらにもう2人の医師が東千葉メディカルセンターに異動となり、時間外の受け入れが一切できなくなりました。半年間で4人も常勤医師がいなくなり、脳卒中専門の常勤脳外科医が1人もいなくなる緊急事態です。


時間外については周辺の救命救急センターに受け入れを要請しているといいますが、循環器病センターが命の砦となっていた市原市内や長生・夷隅医療圏の患者さんにとってはまさに死活問題です。統合に向けた検討を撤回し、医師確保をはじめ病院の機能回復・拡充に全力をあげるべきです。


IMG_3658
市原市内の処分場で


その後周辺の残土・再生土処分場についても状況を確認し、あまりの規模の大きさに驚かされました。実情を知れば知るほど厳しい規制が不可欠であることを痛感します。豊かな自然環境を破壊する無秩序な埋め立ては許されません。


IMG_3668
新検見川西友前で


夕方は新検見川西友前で「安倍9条改憲NO!市民アクション花見川」の署名宣伝活動、夜は9条の会・ちば地方議員ネットの世話人会でした。安倍改憲を止めるたたかいも正念場です。

大阪市で開かれた「全国地方議員社会保障研修会」に参加してきました

一昨日から今日までの3日間、大阪市で開かれた「全国地方議員社会保障研修会」(大阪社会保障推進協議会主催)に参加してきました。朝から夕方まで日程もぎっしりというものでしたが、内容はとっても充実していました。


IMG_6773
千葉県からの参加者で記念撮影


一日目の最初は生活保護問題について。講師は生活保護問題対策全国会議事務局長の小久保哲郎弁護士です。生活保護受給の権利をどう守るのか、実践的なお話で非常に勉強になりました。


20180416120330_IMG_3621
小久保哲郎さん


一方で2013年から2015年にかけて行われた670億円もの生活保護削減のひどさもあらためてよくわかりました。当時は物価が下がったことを削減の理由にしたにもかかわらず、来年度の削減は物価が上がっているのに保護を受けてない人との均衡を理由に削減する。あまりにも恣意的なやり方に怒りがこみ上げてきます。


次は「女性と子どもの貧困について」。神戸親和女子大学教員の芦田麗子さんです。DV被害に苦しむ女性や子どもたちのためにいま何をしなければならないのか、胸に迫るお話でした。一人で悩むシングルマザーのために立ち上げた「シンママ大阪応援団」の活動も感動的でした。


20180416151554_IMG_3624
芦田麗子さん


二日目は大阪社保協事務局長の寺内順子さんによる「国保都道府県単位化」について。そもそもの国保の歴史から「払える保険料とはどうあるべきか」を解き明かし、豊富な資料で運動の道筋を明らかにしたお話でした。実は多くの自治体で国保財政が黒字になっており、保険料引き下げの余地が十分にあるということも明らかにされました。国保会計を深く分析する力をつけたいですね。


20180417093548_IMG_3635
寺内順子さん


二日目の午後は大阪教育大学教授の高山新さんによる「地方財政の基本と財政分析」。率直にいって難しい中身もたくさんありましたが、「選択と集中」「トップランナー方式」など政府による地方財政圧縮への圧力とどうたたかうかがよくわかりました。


20180417134306_IMG_3637
高山新さん


そして今日三日目はまず、宝塚市の学校給食について。教育委員会学事課長の高田輝夫さんから聞きました。兵庫県宝塚市の学校給食は中学校12校、小学校24校すべてで自校調理場方式の給食を実施しています。パンもその日の朝に焼き、出汁も丁寧にとり、ふりかけやジャムまで手作りするなど市長が「日本一」と自慢するほど徹底しています。


20180418093743_IMG_3642
高田輝夫さん


かつてはいち早く給食業務の民間委託を行い、不祥事や異物混入など苦い経験も味わったそうです。高田さんは話題になった「ハマ弁」などデリバリー弁当は絶対に美味しくない、やめた方がいいときっぱり。給食は自治体が子どもたちのことをどれだけ真剣に考えているかの指標だということです。


最後は大阪社保協介護保険対策委員長の日下部雅喜さんによる「第7期介護保険制度の内容と自治体での課題」。介護保険外しの総合事業や新たに始まったインセンティブのしくみ「保険者機能強化推進交付金」の問題点など理解が深まりました。「国家的詐欺」といわれる介護保険制度の改革は待ったなしです。


20180418133027_IMG_3645
日下部雅喜さん


どの講義も今後の議会論戦や運動のなかで生かせるものばかりでした。準備された講師のみなさん、大阪社保協のみなさん、どうもありがとうございました。


DSC_0000_BURST20180416183248066
道頓堀といえばこれです


研修会の会場は大阪・ミナミの繁華街、道頓堀のすぐ近く。難波の地下街の広さに驚き、にぎやかで風情ある大阪の街、食い倒れの魅力も楽しみました。

中村きみえ市議とともに宣伝カーでの訴えや訪問活動を行いました

昨日の国会前には5万人もの方が集まり、「安倍政権は退陣を!」の声をあげました。


安倍首相は米英仏によるシリアへの軍事攻撃にもあっさりと支持を表明しましたが、国際社会がシリアによる化学兵器の使用を確認したわけではありません。国連安保理決議もない一方的な軍事攻撃は国際法違反です。


IMG_3611
幕張本郷での訴え


そんなことも交えながら、今日は中村きみえ市議とともに幕張本郷や幕張、浪花町を宣伝カーで訴えました。道行く人や車のなかからの激励もたくさん寄せられ、「安倍政権をこらしめてほしい」という渦巻く怒りを感じました。若いみなさんには4月22日の「HUMAN RIGHTS」のチラシも手渡しました。


IMG_20180415_163147
土砂災害警戒区域に指定されている幕張地域で


その後は中村市議とともに幕張地域で土砂災害警戒区域に指定されたお宅を訪問してお話を伺いました。先日大分県で起こった土砂災害もあり、心配や不安の声が多く出されました。なかには「よければ見てください」と家の裏側にある崖を見せてくださった方も。この間中村市議も市議会で取り上げてきましたが、市や県として必要な手立てを求めていきたいと思います。

プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • 県循環器病センターと残土・再生土処分場の問題で市原市へ、市民アクション花見川の宣伝署名活動にも取り組みました
  • 県循環器病センターと残土・再生土処分場の問題で市原市へ、市民アクション花見川の宣伝署名活動にも取り組みました
  • 県循環器病センターと残土・再生土処分場の問題で市原市へ、市民アクション花見川の宣伝署名活動にも取り組みました
  • 大阪市で開かれた「全国地方議員社会保障研修会」に参加してきました
  • 大阪市で開かれた「全国地方議員社会保障研修会」に参加してきました
  • 大阪市で開かれた「全国地方議員社会保障研修会」に参加してきました
  • 大阪市で開かれた「全国地方議員社会保障研修会」に参加してきました
  • 大阪市で開かれた「全国地方議員社会保障研修会」に参加してきました
  • 大阪市で開かれた「全国地方議員社会保障研修会」に参加してきました