寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

国保広域化に向けての仮試算結果-市町村ごとの公表を求め広く県民的な議論を

千葉県議会は今日も一日本会議でしたが、ある自民党議員の質問に開いた口がふさがりませんでした。


「男女共同参画センターは役割を終えたのではないか」「男女の違いを強調するためにも男女混合名簿を男女別に戻すべきではないか」「県立高校の多くが修学旅行で広島、長崎、沖縄に行っている。平和教育の名で特定の歴史観が押し付けられているのではないか」など、いったいいつの時代から来たのかというような異常な質問を繰り返していました。地元の有権者はこんな質問を議会でしていることを知っているのでしょうか。


さて代表質問でも取り上げた国民健康保険の広域化の問題で、県が行なった仮試算では市町村ごとの保険料は示されませんでしたが、市川市と船橋市では日本共産党市議団が要求しそれぞれの試算結果が公表されました。


20170626160754
船橋市の仮試算結果


市川市では29年度(2017年度)仮試算保険料額は135371円で27年度(2015年度)に比べて12184円の値上げ、船橋市では143171円で23231円もの値上げです。県全体で29市町村が値上げとされていましたが、予想通り比較的所得水準の高い市でやはり大幅な値上げという試算結果でした。


しかも比較対象である27年度の保険料額は法定外繰り入れなども保険料として納められたとする理論値であり、県の運営方針案にあるように法定外繰り入れが「削減・解消」となれば値上げ幅はさらに大きくなります。


国からの公費拡充分があるといってもこのままいけば大幅値上げは避けられません。他市でも試算結果の公表を求めるとともに、県民参加で運営方針のあり方を決めるべきです。

花見川団地、花園地域で訪問活動-千葉からも都議選前進のために力を尽くします

6月最後の日曜日。東京都議選の投票日まで一週間です。


今日は午前中は花見川団地、午後は花園地域で訪問活動を行ないましたが、しんぶん赤旗の購読を訴えながら、「都議選が大激戦です。都内にお知り合いの方がいたらぜひお声かけをお願いします」と呼びかけました。


なかにはこちらが呼びかけたら「江東区に息子家族がいるから声かけといたよ。3票あるからな」といううれしい声もありました。


安倍首相はこの都議選では街頭でまったく訴えられず、まともに表に出られません。それでも自民党は年内に改憲案をまとめて国会に提出し、来年6月には憲法改定の発議を行なおうとしています。


築地市場の豊洲移転、くらし・福祉の充実とともにいよいよ憲法改定が都議選の大争点に浮上してきました。

花園中学校の運動会や社保協のシンポジウム&総会に参加しました

東京都議選が告示され最初の週末ですが、今日は朝から地元花園中学校の運動会に中村きみえ市議と参加した後、県立障害者施設「袖ヶ浦福祉センターの存続と充実を求める会」の会議へ。養育園と更生園の分割指定管理に向けた動きが進む中、貴重なお話を聞きました。


IMG_9855
千葉県社保協シンポジウムの様子


その後途中からでしたが社会保障推進千葉県協議会(千葉県社保協)主催の総会記念シンポジウム「我が事・丸ごと地域『共生』社会って?~国のめざす地域包括ケアシステムとは~」に参加しました。


千葉県民医連の加藤久美事務局長が基調報告とコーディネーターを務め、長平弘さん(自治労連・地域医療と公立病院を守る千葉県連絡会)、纐纈健史さん(きょうされん千葉支部事務局長)、岸恵子さん(千葉県地域生活定着支援センター長)、奥田勢津子さん(千葉市在住)の4名がシンポジストとして報告しました。


5月26日に可決・成立した「地域包括ケアシステム強化法案」は介護保険法など31本の法律を一挙に「改正」し、介護保険利用料の3割負担や慢性期病床削減の受け皿としての「介護医療院」の創設などが盛り込まれました。


同時にこの法律の最大の狙いは、社会保障を「自助・互助」の名による地域での助け合いの制度へと根本から転換することであり、「共生」の名で障害者福祉・高齢者福祉を無理やり統合するなど、それぞれの専門性を否定して「安上がりの福祉」に変えてしまうところに本質があります。


今年4月からすべての市で要支援1,2の方に対する「介護予防・日常生活支援総合事業」(新総合事業)が始まっていますが、そのなかでも介護の専門性を否定し住民ボランティアに生活支援をゆだねる動きが進められています。地域の自主的な支えあいの活動を国が強制するなどまさに本末転倒です。


IMG_9861
シンポジウムに続いて行なわれた千葉県社保協の総会で


シンポジウムに続いて行なわれた総会では来賓として挨拶させていただき、保育士処遇改善策の問題点など県の補正予算案についても報告しました。安倍政権が社会保障分野で憲法改悪を先取りするような動きを進めていることは許せません。社会保障に対する国の責任を投げ捨てるための「共生」社会はまっぴらごめんです。



IMG_9853
花園中学校運動会での応援合戦

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 国保広域化に向けての仮試算結果-市町村ごとの公表を求め広く県民的な議論を
  • 花園中学校の運動会や社保協のシンポジウム&総会に参加しました
  • 花園中学校の運動会や社保協のシンポジウム&総会に参加しました
  • 花園中学校の運動会や社保協のシンポジウム&総会に参加しました
  • 千葉県議会代表質問-日本共産党から丸山慎一議員が登壇しました
  • 千葉県議会代表質問-日本共産党から丸山慎一議員が登壇しました
  • 千葉県議会代表質問-日本共産党から丸山慎一議員が登壇しました
  • 千葉県議会は今日から本会議-7月21日に行なわれる日本共産党街頭演説にぜひご参加ください
  • 6月定例千葉県議会-代表質問と予算委員会にご注目を