寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

不合理な千葉県立高校の入試制度-生徒の立場で抜本的な見直しを

今日は議員団会議。明後日からの本会議代表質問に向けて詰めの議論でした。午後には治安維持法国賠同盟千葉市支部の会議もありました。


さて昨日の「クローズアップ県政+」で質問が出されたもののその場で回答できなかった県立高校の入試制度について、県教育委員会から2020年度からの実施をめどに改善方針案が出されていました。


昨年の県知事選挙でも大きな話題になったように、千葉県の入試制度は「前期選抜」と「後期選抜」に分かれていますが、前期選抜の定員設定は6割程度のため受験生の4割が不合格を味わうという大変な負担を強いる制度になっています。


受験期間が長期化するため、中学・高校ともに必要な授業時間が確保できないという問題もあります。不合格になった生徒のうち約6割は結局、後期選抜でも同じ学校・学科を受験しているため、こうした試験制度を続けていくこと自体があまりにも不合理ではないかという声が上がっていました。


今回の改善方針案で、入学者選抜を1回としたうえで必要な人には追試験を実施するという方向が示されたことは、県教委自身がこの間の入試制度の道理のなさを認めたことになります。先週まで行われていたパブリックコメントで寄せられた意見を踏まえ最終的な改善方針が決定されますが、教育関係者や生徒たち自身の意見が反映されるよう注視していきたいと思います。


県立高校入試改善方針案

寺尾さとし県政報告会「クローズアップ県政+(プラス)」で県政の転換を訴えました

寺尾さとし県政報告会「クローズアップ県政+(プラス)」が開かれました!


IMG_2951
IMG_2947


各地域から150人を超える多くの方々にご参加をいただきました。オープニングはこの日のために結成されたという「寺尾さとしサポーターズ合唱団」のみなさん。「日本全国歌巡り」ということで北海道から沖縄まで各地の歌をうたってくれました。スライドで全国の米軍基地の実態なども織り交ぜてこれだけでも大変勉強になりました。


IMG_2909
すばらしいうたごえを聞かせてくれた寺尾さとしサポーターズ合唱団のみなさん


もりた真弓市議が司会を務め、斉藤和子前衆院議員も駆けつけて挨拶してくれました。党県議団の加藤英雄県議団長も忙しいなかビデオメッセージを寄せてくれ、さらに普段からいっしょに活動している中村きみえ市議も挨拶。どなたからも身に余る評価の言葉をいただいて恐縮しきりでした。あらためていろいろな方の支えで活動していることを実感します。


IMG_2925
斉藤和子前衆院議員と

IMG_2928
ビデオメッセージを寄せてくれた加藤英雄県議団長

IMG_2930
挨拶する中村きみえ市議

IMG_2937
司会を務めたもりた真弓市議


今回は「国いいなり、県民のくらし切り捨ての森田県政をどう転換するか」というテーマで、パワーポイントを使ってかなりまとまった県政報告をさせていただきました。時間はかなり延びてしまいましたが、平和・外交、医療・福祉、教育、雇用、環境、巨大開発など森田県政の問題点と県政を動かすために党県議団が果たしてきた役割を伝えられたと思います。質問時間があまり取れなかったのは申し訳なかったですね。


来年の統一地方選挙勝利に向けて決意も新たにしました。忙しいなか参加してくださったみなさん、準備に力を尽くしていただいたみなさん、本当にありがとうございました。がんばります!

千葉県党会議に初めて他党の方が参加-市民と野党の共闘の力を実感しました

今日は第69回日本共産党千葉県党会議。1年間の活動方針と役員を選出する大切な会議ですが、この間の市民と野党の共闘を反映して初めて他党の方が来賓として参加しました。


IMG_0357
壇上に並ぶ来賓のみなさんと浮揚幸裕県委員長


ご挨拶してくだったのは、千葉県市民連合運営委員の関根由紀世さん、緑の党千葉県本部共同代表で成田市議の会津素子さん、新社会党千葉県本部委員長の石井俊雄さん、自由党千葉県総支部連合会代表の金子健一さん、立憲民主党千葉県連代表で衆院議員の生方幸夫さん。10年前、いや5年前でも想像できなかったような光景です。


「共産党が変わったから野党共闘が可能になった。そのことを私たちももっと言っていかないといけない」(生方さん)、「日本共産党の綱領をあらためてじっくり読んで、みなさんが自由と民主主義のためにたたかってきたことがよくわかった。共産党との連帯は希望です」(会津さん)など、どなたの挨拶も本当に素晴らしい感動的なものでした。


お話を聞いていて、あらためていまの政治を変えるにはこの共闘の道しかないということを確信しました。そのためにも共産党自身も殻を破ってもっと変わっていかなければなりません。その後の討論も各地で広がる共闘の経験や党づくりの努力に学ばされることばかりでした。とても元気をもらった県党会議でした。

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 不合理な千葉県立高校の入試制度-生徒の立場で抜本的な見直しを
  • 寺尾さとし県政報告会「クローズアップ県政+(プラス)」で県政の転換を訴えました
  • 寺尾さとし県政報告会「クローズアップ県政+(プラス)」で県政の転換を訴えました
  • 寺尾さとし県政報告会「クローズアップ県政+(プラス)」で県政の転換を訴えました
  • 寺尾さとし県政報告会「クローズアップ県政+(プラス)」で県政の転換を訴えました
  • 寺尾さとし県政報告会「クローズアップ県政+(プラス)」で県政の転換を訴えました
  • 寺尾さとし県政報告会「クローズアップ県政+(プラス)」で県政の転換を訴えました
  • 寺尾さとし県政報告会「クローズアップ県政+(プラス)」で県政の転換を訴えました
  • 千葉県党会議に初めて他党の方が参加-市民と野党の共闘の力を実感しました