寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

夏休みでした

今年の夏休みは静岡の実家に帰省しつつ、涼しい信州へ。冷房いらずの爽やかな陽気のなかで豊かな歴史や文化にも触れることができました。


IMG_5272
別所温泉にある山本宣治、タカクラ・テルらの記念碑前で


戦没画学生の慰霊美術館「無言館」にもほど近い別所温泉には、戦前の活動家である山本宣治(「山宣」、労農党代議士)とタカクラ・テル(文学者・日本共産党衆・参議院議員)の記念碑がありました。


昭和初期の大恐慌の時代にこの地域で小作料値下げ、土地取り上げ反対を求めて上小(上田・小県)農民組合連合会が結成されます。当時別所に在住していたタカクラ・テルはその運動にも大きな役割を果たします。


1929年3月1日に上小農民組合連合会は第2回総会にタカクラの義兄弟でもある山宣を招いて記念講演を行い、1000名を超える聴衆に深い感動を与えます。ところがそれからわずか4日後の3月5日、山宣は議会で治安維持法改悪反対の演説をするために上京しますが、その夜に右翼によって暗殺されてしまいます。


翌年に山宣の死を悼んだ農民組合連合会がタカクラの借家の庭に記念碑を建立しますが、その後の弾圧によりタカクラも逮捕、記念碑も取り壊しの危機に瀕しますが家主が密かに守り続けたといいます。


記念碑に刻まれているラテン語は山宣座右の銘「生命は短し科学は長し」だそうです。終戦記念日もあり、様々なことに思いを馳せた長野の旅でした。明日からまたがんばります~。


IMG_5316
国宝松本城

_20180816_212755
古い街並みを残す中山道の宿場町・奈良井宿

DSC_0449
静岡の実家で家族・親戚と

沖縄に連帯し宣伝カーで訴えました

台風が過ぎ猛暑が戻ってきた千葉市です。午前中は中村きみえ市議と宣伝カーで幕張、朝日ヶ丘、検見川とまわりました。中村市議は沖縄県民大会に連帯して辺野古ブルーのTシャツです。


IMG_5172


翁長知事を追悼し、辺野古移設断念を求めた沖縄県民大会は7万人が集まったとか。千葉からも連帯してオスプレイ暫定配備反対を訴えました。


午後からは幕張や花園で訪問活動に取り組みました。幕張の新興住宅地では、「まだついてないの?信じられない」「がんばってつけてあげて」と小中学校へのエアコン設置を求める署名が次々と寄せられました。こちらもこの夏の熱い課題です。


お盆ということで明日から数日間お休みをいただきます。関係者のみなさんにはよろしくお願いいたします。

地球温暖化対策に逆行する千葉市への石炭火力発電所建設計画は断念を

いま千葉県では石炭火力発電所の建設が進められようとしています。今日は丸山慎一県議とともに、千葉市の蘇我石炭火力発電所計画を考える会の小西由希子さんからお話しを伺いました。


DSC_0009


石炭火力発電所は当初は県内で4基の建設が計画されていましたが、市原市の計画が中止となり、残っているのは袖ヶ浦市の2基(計200万キロワット)、千葉市の1基です。千葉市に計画されている(仮称)蘇我火力発電所は、中国電力とJFEスチールが設置する107万キロワットの大型石炭火力発電所です。


しかしLNG火力発電所と比べて2倍もの二酸化炭素を排出する石炭火力発電所は、地球温暖化対策にも逆行するとして世界では撤退の流れです。フランス、英国、カナダでは2020年から2030年にかけて石炭火力廃止の方針を決め、中国やインドなど途上国でも新増設を抑制しています。アクサやアリアンツ、チューリヒなど国際的な大手金融機関では石炭火力への投資を次々と引き上げています。多くの新増設計画がある日本はあまりにも異常です。


温暖化の問題とあわせて大きな問題は、今回の建設地である蘇我地域では日常的に大気汚染や降下ばいじんに住民が苦しめられていることです。最大の要因はJFEスチールの工場から排出される排煙や野積みされているスラグなどであり、そもそもその責任もあいまいなまま、この地域に新たな排出源である石炭火力発電所の建設が許されるでしょうか。


石炭火力発電所はLNG火力発電所では排出されない水銀や硫黄酸化物などを排出し、周辺住民にさらに大きな影響を与えることになります。


その他にも温排水や石炭灰の処理など様々な問題があり、知れば知るほど今回の計画は到底認められるものではありません。環境アセスの手続きで意見を言うことができる知事の責任は重大です。いまは環境影響評価方法書の段階ですが、問題点を指摘するだけでなく「このままの計画では容認できない」と強い姿勢を示すことが不可欠です。


今日付けの日経新聞によれば袖ケ浦の2基も石炭からLNGに転換する検討を始めたとのこと。千葉市でも住民のみなさんと力をあわせてきっぱりと断念をかちとりたいと思います。

プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • 夏休みでした
  • 夏休みでした
  • 夏休みでした
  • 夏休みでした
  • 沖縄に連帯し宣伝カーで訴えました
  • 地球温暖化対策に逆行する千葉市への石炭火力発電所建設計画は断念を
  • 長崎原爆の日-安倍首相は国連事務総長と長崎市長の言葉に耳を傾けよ
  • 長崎原爆の日-安倍首相は国連事務総長と長崎市長の言葉に耳を傾けよ
  • 千葉県庁で県被爆者友愛会のみなさんによる原爆パネル展が開かれています